キャッシング 返済 リボ払い

分割払いとリボ払いは全く違います。

クレジットカードやキャッシングカードを使うと、返済方法を選びますね。

 

その時に分割払いとリボ払いというのがありますが、違いをしっかり把握していない方も多いようです。
この2つは似ているようで、全く異なる返済方法です。

 

まず分割払いは、借りたお金を何回に分けて払いますか?というものです。
15万円を3回で返済するなら毎月5万円、5回なら毎月3万円の返済となるわけです。
簡単ですね。

 

しかしリボ払いは毎月定額の返済を決めてしまうので、3万円ずつと決めたら3万円を5か月間返すことになります。
一見すると同じだと思いますよね。違うのです。

 

この翌月にも15万円を使った場合に、3回払いなら先の5万円と合わせて10万円ずつの返済、5回払いなら先の3万円と合わせて6万円ずつの返済となるのです。
それがリボ払いではず〜っと3万円のままで10カ月間かけて返すことになるのです。

 

返す期間が伸びれば伸びるほど、金利が多くなりカード会社は儲けが増えます。そこが狙いです。
借金を増やさないためにもリボ払いにはご注意くださいね。