キャッシング 返済 弁護士

キャッシングの借金を弁護士に無料相談したい

便利なキャッシング、使っていると銀行カードのような錯覚に陥っていませんか?
キャッシングの借金を返せなくなる人が増えています。

 

あなたは大丈夫ですか?

 

キャッシング 借金

 

借金返済が出来なくなったら自己破産するしかない・・・と思っているひとがたくさんいます。

 

実は借金は減額することができます。

 

借金の減額方法にはいくつかあって、@任意整理A個人再生B自己破産などが有名です。

 

@任意整理:金利分が減額されます。
A個人再生:住宅ローンを除く借金の総額が減額されます。
B自己破産:借金が帳消しになります。

なぜ金融業者が借金の減額に応じてくれるのでしょうか?

 

それは、自己破産をされると1円も返済されなくなるからです。

 

弁護士や法律の専門家から借金の減額依頼が来たら、金融業者は自己破産されるよりは任意整理や個人再生で対応したほうがお得だと考えます。

 

しかし、@〜Bのどれでも好きな方法を選べるわけではありません。
借金を作った原因や安定収入があるかどうかなど、受けられる条件をクリアしなければなりません。

 

自分がどの方法で借金を解決できるのか知りたいなら、相談してみることをオススメします。お近くの弁護士がいいと思いますが、24時間受付の専門家もあなたの借金問題に無料で相談にのってくれます。

 

 

 

 

 

 

キャッシング 弁護士 相談

 

弁護士や法律の専門家に相談後、借金が減額された事例
・任意整理で借金が100万円も減額されました!
・個人再生で借金670万円が140万円になりました!
・自己破産で2000万円以上あった借金がすべて無くなりました!

 

弁護士や法律の専門家が仕事で忙しいあなたに代わって、金融業者や裁判所との話し合いや申請を行ってくれます。
あなたの借金解決の強い味方になってくれるはずです。

 

まずは無料相談で、あなたの借金解決方法や知りたいことを何でも聞いてみませんか?

 

 

 

だれに相談するべきか悩むときは、問い合わせ先を案内してくれる日本法規情報がおすすめです。

 

日本法規情報の相談窓口案内サービスには、全国に1000事務所、3000人以上の専門家がいます。

 

この業界トップクラスの中から、あなたの状況・お悩みに適した専門家を無料で案内してくれます。

 

日本法規情報

日本法規情報

日本法規情報案内サービスでは、法律問題かどうかわからない段階でも、事前に話をすることができます。

 

個人間の借金トラブルや相続問題などの専門の先生は違います。専門分野は複数あり、どこにでも問合せすればいいわけではありません。
専門家に相談する前に、日本法規情報サービスで現状を把握してもらい案内してもらうと無駄な連絡が不要になるので、便利です。

 

どんな小さな内容でも、問い合わせできます。

 

【案内無料】 24時間受付 全国対応

050-7576-1589

 

 

 

債務整理の種類

借金の解決方法(債務整理)にはいくつかあります。

 

 

・任意整理・・・金融業者との話し合いによって、借金の金利と総額を減額してもらうもの
・個人再生・・・裁判所での手続きの後、借金の金利と総額を減額してもらうもの。家を残したまま借金を減額することができる。
・自己破産・・・裁判所での手続きの後、借金はすべてなくなります。

 

どの方法がいいかは、素人には判断が難しいです。
裁判所を介する手続きは、弁護士や司法書士に依頼した方が簡単です。

 

 

 

過払い金の時効

過払い金とは

債務整理において、ちょっと前までテレビコマーシャルで良く見かけたのが過払い金請求ではないでしょうか?
過払い金ってなに?と思う方もいるでしょう。

 

金融会社にお金を借りると返済の時に利子がつきますね。
以前の利子は、出資法で決められていた29.2%近くで貸し付けが行われていました。
お金を貸す方は少しでも高い金利を得ることで儲かりますから、当然です。

 

しかし利息制限法では20%が限度とされていたので、この2つの法律の間で9.2%の差があったのです。2010年にこの差が埋められ、金利の上限は20%と決められました。では、今まで20%以上金利を支払っていた人たちは払い過ぎていたのではないか、払いすぎた利息は返還しなさいという裁判所の命令が下ったのです。

 

だから2010年以前から返済をしている人でまだ過払い金請求をしていないのなら、過払い金が存在するかもしれないのです。
しかし、過払い金は最後の返済から10年経過すると時効を迎えます。そのうちやろうと先延ばしにすると、過払い金を失うかもしれませんので心当たりがあるならすぐに弁護士や法律の専門家にご相談ください。

2018/12/10 22:25:10 |
漫画やドラマで親の借金は子供が返すなんていうシーンを見たことはありませんか?そんなこと、本当にあるのでしょうか。実は親が残した借金でも子供が相続することもあるのです。遺産というのは、亡くなった方が残したすべての財産を意味します。相続する財産は現金や預金、不動産や借家権、借地権、貸付債権のほかに、車や貴金属、美術品などがあります。亡くなった方が持っていたものがこれだけなら「資産」と言えるのですが、残念ながら死後に「借金」が見つかることがあるのです。そしてその借金も相続します。財産だけ相続したいと思ってもそれは出来ません。借金、他人の債権の保証人などは「負債」と呼ばれるもので、出来れば相続したくな...
2018/10/17 11:48:17 |
過払い金請求は弁護士にご相談を・・・こんなコマーシャルを一度は見たことがあるのではないでしょうか?この世間を騒がせた過払い金の問題とは何だったのでしょう。日本では以前、貸金業者が利息の根拠として提示していたものが2種類存在していました。それが出資法と利息制限法です。この2つの法律では利息の上限が違いました。出資法では年29.2%、利息制限法では15〜20%だったのです。見てわかる通り、出資法の29.2%と利息制限法の15〜20%では、9.2〜14.2%の差があります。ここはグレーゾーンと呼ばれる部分です。グレーゾーンは利息制限法には違反するけれど、出資法では違反していないという実に変な状況だっ...
2018/09/17 14:08:17 |
借金といえば、さぞかし無茶な生活をしてお金をいっぱい使ったのだろうと思うかもしれません。しかし最近の借金はそうではないことが多くなっています。無計画の借り入れやギャンブルによる借金を「浪費型」の借金と言います。これは完全に自業自得といえる借金です。しかし最近増えている借金は、景気の低迷による減給やリストラ、会社の倒産などによってもたらされる借金で「不況型」と言います。景気が良いときに借りた住宅ローンや教育ローン、マイカーローンなどの固定費の支払いが首を締める結果になっているのです。月々の支払額を減らすべくボーナス払いにしたローン返済が、ボーナスがカットされたために支払えず泣く泣くキャッシングし...
2018/08/12 20:06:12 |
ブラックリストと言う名前を聞いたことがありますか?これは借金の返済が滞るとブラックリストに名前が載るという表現で使われますね。クレジットカードの返済ができなくなったり、債務整理の手続きを行った場合に信用情報機関に登録されてしまうことを言います。ブラックリストはつまり、「この人は借金を返さなかった過去があります。」という記録なのです。ではブラックリストに載って困ることがあるのでしょうか?ブラックカードに登録されて一番困ることは、新たな借金はもちろん、クレジットカードも使えなくなることです。住宅ローンはもちろん、カーローンや教育ローンなども組むことができません。それはつまり何を買うにしてもとにかく...
2018/07/01 23:27:01 |
あんなに欲しかったマイホーム。しかし35年と先の見えないローン返済の中で、会社が倒産したり、病気になったり、家族と不仲になったりすることもあります。住宅ローンの返済が滞ったら、家を売却すればいいと思っていませんか?しかし銀行にローンを申請したときに付けられる「抵当権」があるため、自分の意思だけではどうしようもないのです。まずは銀行に行って相談をしましょう。何もせずに3ヶ月以上放置すると、裁判所を経由して競売にかけられる可能性が高くなります。競売は相場よりも安く売却される事が多いため、家が売れても住宅ローンがかなり残るかもしれません。売るなら任意売却のほうが高く売れるので、そちらを目指しましょう...
2018/03/30 01:12:30 |
クレジットカードやキャッシングカードを使うと、返済方法を選びますね。その時に分割払いとリボ払いというのがありますが、違いをしっかり把握していない方も多いようです。この2つは似ているようで、全く異なる返済方法です。まず分割払いは、借りたお金を何回に分けて払いますか?というものです。15万円を3回で返済するなら毎月5万円、5回なら毎月3万円の返済となるわけです。簡単ですね。しかしリボ払いは毎月定額の返済を決めてしまうので、3万円ずつと決めたら3万円を5か月間返すことになります。一見すると同じだと思いますよね。違うのです。この翌月にも15万円を使った場合に、3回払いなら先の5万円と合わせて10万円ず...
2018/01/18 15:31:18 |
少し前までキャッシングのコマーシャルは、若いアイドルや若い男性ユニットがやっていることが多かったです。つまり若い人に「ぜひ、キャッシングをしてくださいね」というアピールです。その内容も「いつもより少しだけ贅沢を」とか「ワンランク上の旅を」とか、決して急を要する借金ではなかったのが気になりました。簡単に借金をするクセが付くと、欲しい物が我慢できなくなります。バーゲンセールでお買い得商品があったけど今はお金がない、でも欲しい、じゃあキャッシングだ。このようなクセをつけさせたいのでしょう。キャッシングは結局は借金で、手数料を支払うものなのでせっかくバーゲンで買っても安いのかどうかわかりませんね。本当...