キャッシング 返済 ブラックリスト

借金の返済とブラックリスト

ブラックリストと言う名前を聞いたことがありますか?
これは借金の返済が滞るとブラックリストに名前が載るという表現で使われますね。

 

クレジットカードの返済ができなくなったり、債務整理の手続きを行った場合に信用情報機関に登録されてしまうことを言います。
ブラックリストはつまり、「この人は借金を返さなかった過去があります。」という記録なのです。

 

ではブラックリストに載って困ることがあるのでしょうか?

 

ブラックカードに登録されて一番困ることは、新たな借金はもちろん、クレジットカードも使えなくなることです。
住宅ローンはもちろん、カーローンや教育ローンなども組むことができません。

 

それはつまり何を買うにしてもとにかく現金を用意しなければならないということになります。
簡単そうですが、なかなか大変です。
急に冷蔵庫や洗濯機が壊れたりしても現金で買わなければならないわけですから。

 

しかし一生そのままというわけではありません。

 

信用情報機関に名前が登録されてしまっても、一定期間を過ぎると削除されます。

 

信用情報機関には何か所かありますが、だいたい5〜10年で削除されるようになっています。

 

この期間をすぎてブラックリストから名前が削除されると再びクレジットカードを作ったり、ローンを組むことが出来るようになります。
次の時は借り入れも返済も計画的に行ってくださいね。