受任通知書 効力

受任通知書の効力

 

借金を滞納すると債権者から借金返済の催促をするハガキや封書が届き、家に電話がかかってきます。
これを無視し続けると最終的には債権者が家に来て取り立てを行います。

 

借金を返済したいと思ってもできなくなった時、これらの催促の電話や取り立ては精神的にかなり辛いものです。

 

しかし債務者が弁護士と契約すれば速やかに催促が止まります。
なぜなら契約と後すぐに債権者に受任通知が送付されるからです。

 

受任通知は借金返済の窓口が弁護士に移ったことを示すもので、これにより債権者が債務者に直接連絡することが出来なくなります。
それから借金の減額交渉や必要な手続きを踏んでいくのです。

 

つまりこの期間は借金の返済が一時的にストップしますから、この間に出来るだけ貯金をしておきましょう。